ASP
栃木県中央公園ホームページへようこそ!施設、イベント、花情報などのご案内。

Archive for the ‘園内お花情報’ Category



  カツラ

水曜日, 10月 9th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   カツラ はコメントを受け付けていません。

昨日(10月8日)は、二十四節気のひとつ、寒露でした。

冬鳥が渡ってきたり、菊の花が咲き始めたりするころ、となっています。

残暑が長引いていますが、秋も深まりつつあります。

 

ハナミズキです。赤い実と赤い葉。すっかり秋の様子です。

園内の落葉樹の紅葉は、ハナミズキから始まります。

11月になると、ユリノキ、モミジ、イチョウ、メタセコイアと続きます。

今年の紅葉は、残暑の厳しさから、

「平年並みからやや遅れる」との予想がされています。

 

記念広場近く、風に乗って甘い香りを漂わせているのは、カツラ(桂)の落ち葉です。

葉は、ハート形をしています。

いい香りに気づくと、得した気分になります。

個人的には、もっと評価されてもいいのになぁと思っていますが、

名前のせいでしょうか?

コウノキ(香の木)という別名もありますが、

お墓に供えるシキミの別名にもコウノキというのがあり、

カツラと呼ばれる方が、多いようです。



  コルチカム

水曜日, 10月 2nd, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   コルチカム はコメントを受け付けていません。

10月になりましたが、暑いですね。

いつもなら終わっているヒガンバナが、未だに咲いています。

 

ロックガーデンのコルチカムが、今年はよく咲いています。

例年は、数本咲いて1週間もすれば終わってしまうので、

気が付いたら終わってた!ということもあります。

9月に入るころ、小さめの玉ねぎほどの大きさの球根が園芸店で売られています。

コルチカムは、球根だけで土も水もやらなくても花を咲かせることができます。

1年限りの楽しみであれば、机の上に置くだけで花を楽しめます。

 

こちらは、ロックガーデンのシモバシラの花です。

冬季の氷柱も美しいのですが、

白い花もかわいらしいものです。



  赤とんぼ

水曜日, 9月 25th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   赤とんぼ はコメントを受け付けていません。

日本庭園のハナショウブの実に赤とんぼがいました。

アキアカネのようです。

夏の間の避暑から、降りてきたようです。

 

遅れていた秋の花も咲き始めました。

日本庭園のホトトギスです。

花びらの斑点模様が鳥のホトトギスのおなかと似ているのが名前の由来です。

所によっては、やわらかいつぼみをだいぶ毛虫に食べられてしまいましたが、

花期が長いので、11月いっぱいぐらいまでゆっくり楽しめます。

 

こちらは、記念広場と中央広場の間の木。

実がピンクに色づいています。コブシの実です。

このごつごつした形が、握りこぶしに似ていることから

コブシと名づけられました。

3月末の開花から、半年かけてタネを成熟させています。



  ダリア

水曜日, 9月 18th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   ダリア はコメントを受け付けていません。

明後日は、秋の彼岸の入り。

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますから、

昨日のような30℃を超える暑さも、今シーズンは、終わりかもしれませんね。

 

秋になると時々、お客様から「皇帝ダリアはないの?」とお問い合わせがあったので、

春にダリア‛ガッツァリア’の苗を入手しました。

皇帝ダリアは、地植えにすると高さが5mぐらいにもなってしまい、

支柱をするのも一苦労。

強い霜に当たれば地上部は枯れてしまうので、

宇都宮近辺では、花が咲くか、霜が降りるかの競争になってしまいます。

そんなわけで、皇帝ダリアとダリアのハイブリッド種、ガッツァリアを選びました。

大きくなっても高さ2m程度で、

特にこのダブルピンクは、「8月下旬から開花する」という触れ込み。

霜が降りるまで、確実に花が楽しめるということで、

苗代が高価なのも、コスパを考えれば、元を取れるはず(?)

2016年のジャパンフラワーセレクションで入賞している品種です。

 

先週は、つぼみだったヒガンバナも開花しました。

赤花と白花。

飛び出したおしべのカーブがなんとも芸術的です。



  秋を代表して

水曜日, 9月 11th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   秋を代表して はコメントを受け付けていません。

台風15号からの残暑のぶり返しが、身体に堪えますね。

昨夜の雷雨も激しいものでした。

郊外では、稲刈りの時期を迎えていますね。

 

ロックガーデンのシラハギです。

赤いダルマハギは、5月下旬からだらだらと咲き続けていますが、

こちらのシラハギは、秋の1か月ほどだけの開花で、

ニシキハギの白花とされています。

ハギは、秋の七草のひとつになっています。

 

こちらのつぼみは、何の植物でしょう?

正解は、ロックガーデンのヒガンバナです。

今年は、秋の花が全般遅れ気味です。

開花が、楽しみです。



  夜長月

木曜日, 9月 5th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   夜長月 はコメントを受け付けていません。

9月に入りました。

秋の夜長を感じられ、過ごしやすい時間が伸びてきました。

皆様は、いかが過ごされますか?

 

ロックガーデンのパンパスグラスが見ごろになっています。

来週の9月13日は、十五夜です。

お月見に、ススキではなく、豪華にパンパスグラスはいかがでしょうか?

 

今年は、ロックガーデンのワレモコウが良く咲いています。

花は、1~2㎝程の塊なので、見逃しがちで、

撮影するにもなかなかピントが合わないのですが、

これだけ花があると見ごたえもしますね。



  未だセミの大合唱

水曜日, 8月 28th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   未だセミの大合唱 はコメントを受け付けていません。

今朝は、雨が残っていたせいか、

セミの鳴き声が聞こえず、秋の虫の声が聞こえていました。

雨が上がって、少し乾いてくると、やはりセミの大合唱でした。

 

掲示板の足元に、シュウメイギク(秋明菊)が咲き始めました。

名前にキクとつきますが、キクの仲間ではなく、キンポウゲ科の植物です。

花茎が1m以上にも伸びて、ゆらゆらと揺れる姿が、秋を感じさせます。

 

ロックガーデンのパンパスグラスの花が出てきました。

花穂のふさふさが、広がるのが楽しみです。

株がちょっと大きくなりすぎてしまって、

株分けしたいところですが、大工事になりそうです。

最近は、コンパクトな矮性の品種(といっても人の背丈ほどですが)もありますので、

一般家庭の庭植えには、そちらをお勧めします。



  色づく秋へ

水曜日, 8月 21st, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   色づく秋へ はコメントを受け付けていません。

梅雨明け後の猛暑が収まって、

朝晩、秋の気配を感じるようになってきました。





面影橋のヤマボウシです。

実が赤く色づき始めました。





日本庭園のザクロです。こちらも色づき始めです。

雷雨の影響か、だいぶ落果してしまったようです。

一つしか見つかりませんでした。





日本庭園のカリンです。

こちらは、まだ青く若い実です。



 

園内に1本だけあるカキです。

こちらは、青いのですが、たくさん実っています。



どの果実も、鳥や動物に食べてもらって、タネをまいてもらうために

赤や黄色に色づいてアピールします。

動けない植物ならではの、戦略です。


  返り咲き

木曜日, 8月 8th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   返り咲き はコメントを受け付けていません。

今日は、立秋です。

残暑が厳しいですね。

週末からは、猛暑がいくらか収まるようですが、

台風が来たり、落ち着きませんね。

 

面影池に置物のようにじっとしていたのは、アオサギのようです。

獲物を狙っていたのか、微動だにしませんでした。

 

梅雨の間、日差しが足りずに花が止まっていた

ロックガーデンのキョウチクトウが、また咲き始めました。

 

記念広場の藤棚のフジもまた咲き始めました。

今年は、春のつぼみがかなり(鳩に?)食べられてしまって、

花が少なかったのを取り返すように、よく咲いています。

 

遠路沿いのベニバナトキワマンサクも、返り咲きしています。

こちらは、例年4~5月に花をつけますが、梅雨が長かったせいなのか、

ちらほらと花をつけています。



  水無月から葉月へ

水曜日, 7月 31st, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   水無月から葉月へ はコメントを受け付けていません。

7月も末日。梅雨の間は、雨ばかりで、このまま梅雨が明けずに終わるんじゃないか?

という気さえしましたが…

梅雨が明ければ、途端に連日の高温注意情報。

身体がついていけませんよね。

公園利用の皆様も、熱中症にはご注意いただき、

一息つくときは、冷房の効いた緑の相談所もご利用ください。

 

北テラスでは、フヨウ(芙蓉)の花が咲き始めました。

冬季、落葉して、地上部を刈りこんでしまっても、

生育が旺盛で、春から伸びた枝にたくさん花をつけています。

 

北トイレの南側の日陰に咲くのは、ヤブミョウガです。

葉がミョウガに似ていますが、花は全く違いますし、

ミョウガは、ショウガ科ですが、ヤブミョウガはツユクサ科になります。

すっと伸びた花茎に白い花が、涼しげです。

 

緑の相談所近くのコンテナでは、シュウカイドウ(秋海棠)が咲き始めました。

シュウカイドウは、秋の季語になります。

今年の立秋は、8月8日です。

この後は、だんだんと夏の花から秋の花へと移り変わっていきます。