ASP
栃木県中央公園ホームページへようこそ!施設、イベント、花情報などのご案内。

Archive for the ‘園内お花情報’ Category



  紅葉情報(11/20)

水曜日, 11月 20th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   紅葉情報(11/20) はコメントを受け付けていません。

園内紅葉が見ごろです!!

 

レストハウス横のモミジです。

 

日本庭園のモミジです。

 

日本庭園の松景橋のモミジです。

 

かえで橋のモミジです。

どちらのモミジも言葉で説明する必要はありませんね。

見ごろです!!

 

昭和大池北のイチョウも全身黄色くなりました。

 

昭和大池のメタセコイアは、色づき始めです。

 

梅林では、二季咲きのサクラ‘下野乙女’が咲いています。

こちらは、探さないと見つからないかもしれませんが、

見つけるとほっこりできるのではないでしょうか。



  紅葉情報(11/14)

木曜日, 11月 14th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   紅葉情報(11/14) はコメントを受け付けていません。

朝晩の冷え込みで遅れていた紅葉も進みました。

沈床園のユリノキの黄葉は、ピークになっています。

正門から眺めると左右対称の整形式庭園が、

映画の舞台のようです。

 

かえで橋のモミジも、グラデーションになってきました。

 

日本庭園のモミジも色づいてきています。

補修を終えた松景橋とモミジの彩りも

引き立てあうようです。

 

イチョウの黄葉は、これからです。

昭和大池北のイチョウは、少し色づいてきました。

足元には、大量のギンナン。匂いにご注意ください。



  紅葉情報(11/6)

水曜日, 11月 6th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   紅葉情報(11/6) はコメントを受け付けていません。

昨日の朝は、宇都宮で初霜が観測とのこと。

明後日の8日は立冬。

朝晩冷え込んで、遅れていた紅葉も進みそうです。

芝生広場のケヤキは、ピークを越えて

茶色く散っています。

 

モミジ類も部分的に赤くなってきましたが、まだまだです。

一番進んでいるのは、かえで橋のこのモミジ

見ごろまでは、まだ時間がかかりそうです。

 

沈床園のユリノキ並木の黄葉は、

見ごろとなっています。

朝日に照らされた秋の色です。



  紅葉情報(10/30)

水曜日, 10月 30th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   紅葉情報(10/30) はコメントを受け付けていません。

10月も残りわずか

朝霧の中・・・

サクラ‘下野乙女’が一輪、花をつけていました。

 

みかえり橋から昭和大池へのカナール。

真っ赤になっているのは、ハナミズキです。

 

日本庭園では、少しだけ紅葉が始まりました。

 

記念広場のケヤキの黄葉は、ピークを越えたようです。

 

沈床園のユリノキ並木です。半分ほど黄色くなりました。

例年に比べると色づきは、遅れていますが、

最低気温が下がるにつれて、紅葉も進んでいきます。

色彩の変化をお楽しみください。



  紅葉情報(10/24)

木曜日, 10月 24th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   紅葉情報(10/24) はコメントを受け付けていません。

雨や台風の多い10月です。

暑かったり寒かったり、気温差が激しいですね。

本日より、紅葉情報を始めます。

 

記念広場のケヤキです。

おとといの冷たい雨で、だいぶ茶色くなって落ちています。

 

かえで橋のヤマモミジは、少し赤みを帯びてきました。

 

沈床園のユリノキです。黄色くなり始め、落ち始めです。



  ひと月遅れ

水曜日, 10月 16th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   ひと月遅れ はコメントを受け付けていません。

台風19号の被害は、県内でも甚大となっています。

被害にあわれた皆様、お見舞い申し上げます。

中央公園でも臨時休園、小品盆栽展の中止があり、ご迷惑をおかけしました。

 

なかなか咲かないので、今年はもう咲かないのかと思っていたキンモクセイ(金木犀)

咲き始めました。

例年に比べ、ひと月遅れです。

9月の残暑が厳しかった影響でしょうか。

風に乗っていい香りを漂わせています。

近隣の庭木も一気に咲き始めたようです。

 

こちらは、例年通りの開花となったキチジョウソウ(吉祥草)です。

昭和大池北側の林床地です。

常緑で丈夫、手がかからず、花もかわいい。

こういった植物は、高齢化社会では、見直されていくのかもしれませんね。

 



  カツラ

水曜日, 10月 9th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   カツラ はコメントを受け付けていません。

昨日(10月8日)は、二十四節気のひとつ、寒露でした。

冬鳥が渡ってきたり、菊の花が咲き始めたりするころ、となっています。

残暑が長引いていますが、秋も深まりつつあります。

 

ハナミズキです。赤い実と赤い葉。すっかり秋の様子です。

園内の落葉樹の紅葉は、ハナミズキから始まります。

11月になると、ユリノキ、モミジ、イチョウ、メタセコイアと続きます。

今年の紅葉は、残暑の厳しさから、

「平年並みからやや遅れる」との予想がされています。

 

記念広場近く、風に乗って甘い香りを漂わせているのは、カツラ(桂)の落ち葉です。

葉は、ハート形をしています。

いい香りに気づくと、得した気分になります。

個人的には、もっと評価されてもいいのになぁと思っていますが、

名前のせいでしょうか?

コウノキ(香の木)という別名もありますが、

お墓に供えるシキミの別名にもコウノキというのがあり、

カツラと呼ばれる方が、多いようです。



  コルチカム

水曜日, 10月 2nd, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   コルチカム はコメントを受け付けていません。

10月になりましたが、暑いですね。

いつもなら終わっているヒガンバナが、未だに咲いています。

 

ロックガーデンのコルチカムが、今年はよく咲いています。

例年は、数本咲いて1週間もすれば終わってしまうので、

気が付いたら終わってた!ということもあります。

9月に入るころ、小さめの玉ねぎほどの大きさの球根が園芸店で売られています。

コルチカムは、球根だけで土も水もやらなくても花を咲かせることができます。

1年限りの楽しみであれば、机の上に置くだけで花を楽しめます。

 

こちらは、ロックガーデンのシモバシラの花です。

冬季の氷柱も美しいのですが、

白い花もかわいらしいものです。



  赤とんぼ

水曜日, 9月 25th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   赤とんぼ はコメントを受け付けていません。

日本庭園のハナショウブの実に赤とんぼがいました。

アキアカネのようです。

夏の間の避暑から、降りてきたようです。

 

遅れていた秋の花も咲き始めました。

日本庭園のホトトギスです。

花びらの斑点模様が鳥のホトトギスのおなかと似ているのが名前の由来です。

所によっては、やわらかいつぼみをだいぶ毛虫に食べられてしまいましたが、

花期が長いので、11月いっぱいぐらいまでゆっくり楽しめます。

 

こちらは、記念広場と中央広場の間の木。

実がピンクに色づいています。コブシの実です。

このごつごつした形が、握りこぶしに似ていることから

コブシと名づけられました。

3月末の開花から、半年かけてタネを成熟させています。



  ダリア

水曜日, 9月 18th, 2019 Posted in news, 園内お花情報 |   ダリア はコメントを受け付けていません。

明後日は、秋の彼岸の入り。

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますから、

昨日のような30℃を超える暑さも、今シーズンは、終わりかもしれませんね。

 

秋になると時々、お客様から「皇帝ダリアはないの?」とお問い合わせがあったので、

春にダリア‛ガッツァリア’の苗を入手しました。

皇帝ダリアは、地植えにすると高さが5mぐらいにもなってしまい、

支柱をするのも一苦労。

強い霜に当たれば地上部は枯れてしまうので、

宇都宮近辺では、花が咲くか、霜が降りるかの競争になってしまいます。

そんなわけで、皇帝ダリアとダリアのハイブリッド種、ガッツァリアを選びました。

大きくなっても高さ2m程度で、

特にこのダブルピンクは、「8月下旬から開花する」という触れ込み。

霜が降りるまで、確実に花が楽しめるということで、

苗代が高価なのも、コスパを考えれば、元を取れるはず(?)

2016年のジャパンフラワーセレクションで入賞している品種です。

 

先週は、つぼみだったヒガンバナも開花しました。

赤花と白花。

飛び出したおしべのカーブがなんとも芸術的です。