ASP
栃木県中央公園ホームページへようこそ!施設、イベント、花情報などのご案内。

Archive for the ‘園内お花情報’ Category



  フジの二度咲き

水曜日, 7月 26th, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   フジの二度咲き はコメントを受け付けていません。

園内は、セミの大合唱で、大変にぎやかとなっています。

 

IMG_1848②

北テラスでは、フヨウの花が咲き始めました。

ハイビスカス、ムクゲ、オクラ…アオイ科の花は、

豪華な花が多いですね。

 

IMG_1853②

記念広場に木陰をもたらしてくれる藤棚です。

フジが、咲き始めました。

5月上旬にも咲いて、ニ度咲きです。

IMG_1852②

5月は、花数が少なかったのですが、

今は、短めの花穂がたくさんぶら下がっています。

葉も茂っているので、5月とは、だいぶ雰囲気も異なります。

フジのニ度咲きは、さほど珍しいことではありません。

中央公園では、毎年恒例のニ度咲きです。

 

 



  夏本番

木曜日, 7月 20th, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   夏本番 はコメントを受け付けていません。

昨日、梅雨明けが発表されましたね。

後半は、梅雨らしい雨は、ほとんどなかったような気もします。

いよいよ夏本番、子どもたちもそろそろ、たのしい夏休み。

緑の相談所では、7月30日(日)に、

「夏休みこども花育(はないく)教室」を企画いたしました。

自由研究や工作に、たくさんの小学生の参加をお待ちしております。

詳しくは、こちらのファイルをごらんください。

 

園内、見ごろとなっている夏の花を3種。

IMG_1810②

ロックガーデンのノウゼンカズラです。

中国原産の落葉性つる植物です。

平安時代の書物「本草和名」に記載があるほど、古くに渡来し、

親しまれている夏の花です。

 

IMG_1817②

こちらは、秋の七草のひとつ、日本庭園のキキョウです。

秋の季語となっています。

ちなみに立秋は、8月7日。

夏の季語としてもいいような気もします。

 

IMG_1819②

園路沿いのサルスベリです。

こちらも夏の間咲き続けてくれる、ありがたい(?)花です。

サルも滑るつるつるの幹肌、フリルのような花びらが特徴的です。



  オイランソウ

水曜日, 7月 12th, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   オイランソウ はコメントを受け付けていません。

連日、猛暑が続いていますね。

梅雨は、明けてしまったんでしょうか?

 

IMG_1776②

緑の相談所前のクレオメです。

フウチョウソウ科でセイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)、

スイチョウカ(酔蝶花)の別名があります。

花の形が特徴的で、下から上に伸びながら咲き続けます。

 

IMG_1798②

こちらは、北テラスのフロックスです。

ハナシノブ科で、クサキョウチクトウ(草夾竹桃)、オイランソウ(花魁草)

の別名があります。

オイランソウというと、通常このフロックスを指します。

時々、上のクレオメをオイランソウと呼ばれる方がいらっしゃいますが、

クレオメの別名に「オイランバナ(花魁花)」というのもあり、混同されて

いるようです。

 

IMG_1795②

園内の巡回では、植物にしか目がいかない私ですが、

今日は、珍しく野鳥の撮影に成功yes

沈床園でにぎやかに鳴いているオナガです。

 

 



  夏咲き球根植物

木曜日, 7月 6th, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   夏咲き球根植物 はコメントを受け付けていません。

梅雨が明けないうちから台風がやってきたり、

豪雨となったり、夏の天気予報が気になる毎日です。

 

ロックガーデンでは、夏咲きの球根植物が3種。

IMG_1745②

アヤメ科のクロコスミアです。

ヒメヒオウギズイセンとも呼ばれます。

 

IMG_1746②

ヘメロカリスです。

ユリ科とされたり、ススキノキ科とされたりもしていますが、

RHS(英国王立園芸協会)のデータベースでは、ワスレグサ科となっています。

 

 

IMG_1751②

こちらは、ヒガンバナ科のクリナムです。

1mほどに育つので、インパクトがあって見ごたえもします。

 

IMG_1762②

こちらは、球根植物ではありませんが、

日本庭園の門をくぐったところのクチナシです。

いい香りを漂わせていますよ。



  七夕飾りを設置しています☆彡

水曜日, 6月 28th, 2017 Posted in news, イベント, 園内お花情報 |   七夕飾りを設置しています☆彡 はコメントを受け付けていません。

緑の相談所前には、七夕飾りを設置しています☆彡

IMG_1695②

短冊もご用意していますので、

願い事を書き込んでつり下げてください。

 

IMG_1696②

緑の相談所周りでは、こんな花も咲いています。

球根ベゴニアです。

黒っぽく渋い葉に、鮮やかな赤い花が豪華です。

 

IMG_1738②

トロピカルな花、ハイビスカスもあります。

1日花ですが、次々とよく咲いてくれています。

常夏の花のイメージですが、

実は、35℃を超えるような暑さも苦手です。

真夏は、半日陰ぐらいの方が、元気です。

 

IMG_1719②

日本庭園では、ネムノキが咲き始めました。

 



  アジサイが見ごろとなっています。

木曜日, 6月 22nd, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   アジサイが見ごろとなっています。 はコメントを受け付けていません。

昨日は、夏至でしたね。

あいにくの土砂降りで、体感できませんでしたが、

宇都宮では、日の出が4時22分、日の入りが19時02分だそうです。

 

IMG_1691②

北テラスのアジサイです。

見ごろとなりました。

 

 

IMG_1673②

園内には、青い花も、

IMG_1688②

ピンクの花も咲いています。

 

一般的には、土が酸性だと青色、アルカリ性だとピンク色となります。

日本では、土は酸性になりがちなので、

露地植えでは、青い花が多くなります。

同じ花でも、コンクリートの近くなどは、アルカリ性になりやすく、

ピンク色になったりします。

ただ、一般的な傾向であって、品種によっては必ずしもそうとは、限りません。

アジサイは、品種改良が盛んで、個性的な花もたくさん流通しています。

お気に入りのアジサイを選ぶのも楽しいかもしれません。

 



  「夏」の花

水曜日, 6月 14th, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   「夏」の花 はコメントを受け付けていません。

ここ2~3日は、1ヶ月ほど前の涼しさとなっていますが、

夏の花が、咲き始めました。

 

IMG_1634②

 面影池のナツツバキ(夏椿)です。

シャラノキとも呼ばれます。

もともと日本にも自生する植物なので、

栽培は、難しくありません。

ツバキ科の植物ですが、ツバキと違って落葉樹です。

 

 

IMG_1640②

日本庭園のハンゲショウ(半夏生・半化粧)です。

「半夏生」は、七十二候の一つの半夏生(はんげしょうず)が由来で、

7月2日頃のことを指します。

「このころに花がみられる」という説と

「葉の半分だけが白く化粧する」という説があります。

 

IMG_1642②

 

 IMG_1651②

今年の夏秋1年草花壇は、インパチエンスマリーゴールドです。

梅雨にも負けず、元気に育っています。



  梅雨入り間近

水曜日, 6月 7th, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   梅雨入り間近 はコメントを受け付けていません。

今日は、どんよりした曇り空。

梅雨入りが近そうです。

 

IMG_1610②

園内のアジサイが色づき始めました。

今年は、アジサイハバチの発生で、

ところによって葉を食べられてしまいましたので、

花が小さくなったり、少なくなったりしそうです。crying

 

IMG_1598②

ロックガーデンのキョウカノコです。 

京鹿の子絞りの模様に似ていることが、名前の由来です。

ピンクのふわふわの可愛い花です。

半日陰の湿っぽい場所に植えてしまえば、

ほとんど手がかからす、毎年咲いてくれます。

古くから茶花として、利用されています。

 

IMG_1602②

みかえり橋から見上げると、タイサンボクです。

モクレンやコブシと同じマグノリア属ですが、

タイサンボクは常緑です。

大きくて白い花は、上品な「高嶺の花」のイメージです。

 

 

IMG_1614②

池では、カモの子育てが始まりました。

静かに見守ってください。smiley



  セージとサルビア

水曜日, 5月 31st, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   セージとサルビア はコメントを受け付けていません。

5月も終わりですね。

園内の木々も、新緑から濃い緑へ移り変わっています。

 

IMG_0061②

北テラスのチェリーセージ、サルビア・ミクロフィラです。

 

IMG_0063②

北テラスのメドーセージ、サルビア・ガラニチカです。

 

中央公園内のセージは、こちらの2種類です。

セージには、他にも

コモンセージ、アメジストセージ、ラベンダーセージ、パイナップルセージ、ボックセージ、ロシアンセージ・・・

など、がよく流通しています。

最近では、アメジストセージの大花壇も見かけますね。秋風に揺れる紫の花穂は、美しいものです。

ハーブとして扱う場合には、英語で○○セージと呼ばれることが多いです。

コモンセージは、ソーセージに欠かせないハーブとなっています。

チェリーセージとメド-セージは、食用よりは、香りを楽しむハーブです。

セージのほとんどは、学術的には、サルビア属です。

単に「サルビア」というと

よく花壇に植えられている真っ赤な1年草タイプのサルビア・スプレンデンスを指しますが、

こちらは、ハーブとして扱われないためなのか、○○セージとは、呼ばれません。

 

 



  モミジの花とタネ

木曜日, 5月 25th, 2017 Posted in news, 園内お花情報 |   モミジの花とタネ はコメントを受け付けていません。

先日、お客さまから

モミジの枝についている赤っぽいものは何ですか?」と、

お問い合わせがありました。

 

IMG_1563②

↑こちらです。

正解は「花からタネになる途中」でした。

緑の丸く膨らんだ部分がタネで、

風に乗って遠くまで行けるように羽根がついています。

 

IMG_1271②

↑こちらは4月13日の画像です。

目立たないのですが、ソメイヨシノが終わるころ、

花が咲いていました。

 

タネは、紅葉するころにやっと完熟して、飛んでいきます。

園内でもこぼれたタネから芽生えた

「モミジの赤ちゃん」を見かけることができます。