ASP
栃木県中央公園ホームページへようこそ!施設、イベント、花情報などのご案内。

  見上げると

5月 10th, 2019 Posted in news, 園内お花情報

園内は、新緑が青々と、

日差しが強く、影も濃くなってきました。

博物館前の面影池の南に咲くのは、ミズキの花です。

北トイレの後ろにもあります。

木全体が、白い花に覆われ、

花の時期は、お問い合わせが多くなります。

ハナミズキは、ご存じの方が多いと思いますが、

日本にも自生しているミズキの花も、美しいものです。

 

正門と南門を出たところでは、

栃木県の木トチノキが、咲きはじめました。

ミツバチが、密を集めに来るでしょうか?

先月、都心にミツバチが大発生したとのニュースがありましたが、

栃木県自慢のイチゴの栽培にもミツバチが活躍しています。

仲良く、共存したいものです。

 

沈床園のユリノキ並木。見上げて、目を凝らすと、

チューリップ型の花が咲いています。

見つからない時は、緑の相談所東の喫煙所付近が、

低い位置で咲いていて、見つけやすくなっています。

花の色が、緑色なので、見つかりにくいのですが、

実は、たくさんの花をつけています。

 

かえで橋からは、昭和大池側の橋の下をのぞき込んでみると

ナスヒオウギアヤメが見ごろとなっています。

5月18日には、鑑賞会を開催しますので、

ぜひ、ご観覧ください。

Sorry, comments for this entry are closed at this time.