ASP
栃木県中央公園ホームページへようこそ!施設、イベント、花情報などのご案内。

  実生系

1月 16th, 2020 Posted in news, 園内お花情報

一年で一番寒い時期を迎えつつありますが、

暖冬ですね。

今朝も冷え込んではいますが、

例年に比べるとかなりゆるいようです。

 

本日のタイトルは、「みしょうけい」とよみます。

サイクルや数はいろいろですが、

どんな植物も花が咲きタネを作ります。

タネから生えたものを実生(みしょう)と呼びます。

対義語としては、挿し木や株分けで増やしたものを

「栄養系」「栄養繁殖」と呼びます。

園内には、殖やすつもりはなかったのに、

生えてきちゃった「実生系」が、結構あります。

 

オオウラジロノキの股にたまった腐葉土から芽生えているのは、

マンリョウ(万両)です。赤い実がお正月の縁起物とされています。

園内では、鳥が落としたと思われるマンリョウが結構見つかります。

 

こちらは、アオキ(青木)です。

アオキも赤い実をつけて、鳥に食べてもらって運んでもらっています。

 

こちらは、ナンテン(南天)です。

ナンテンも赤い実を鳥に運んでもらっています。

 

こちらは、シュロ(棕櫚)です。

シュロは、黒っぽい実になりますが、やはり鳥が運びます。

発芽率もいいのか、あちらこちらで見かけます。

 

こちらは、ツバキです。ツバキの木の下に生えていましたので、

自然に落下したタネから芽生えたものです。

ツバキのタネは、色も地味ですし、果肉もありませんから

鳥が運ぶことはなさそうです。

 

サツキの植え込みの中に生えているのは、シラカシです。

いわゆる「どんぐり」の一つです。

こちらは、園内では、ヒト(人)が運んでしまうことが多くなっています。

 

 

 

 

 

Sorry, comments for this entry are closed at this time.